「timeless」

河野慎平 坂根海斗

教室を全体的に使ったプロジェクションマッピング。映像で「時代を超える」イメージを可視化する。

制作メンバーへのインタビュー

◉メンバーはどんな作品を作っていますか?

 

河野 僕は主に実写映像が得意でカメラ片手にに街に繰り出し映像や写真を撮っています。最近はCGにも手を伸ばし、映像の幅を広げようと頑張っています。

 

坂根 普段から面白い、楽しいと思った事見つけたことを映像で表現しています。音楽の編集にも興味があり勉強中です。

 

 

◉テーマの揺れる響くについてどう思いますか?

 

河野 わかりやすく自分達の作品にあったテーマだと思います。私達はあまり抽象的な作品は得意ではないので単語などのテーマより作品に表しやすいテーマだと思いました。

 

 

◉今回はどんな作品を作ろうと思っていますか?

 

河野 見に来てくださった人たちが見ただけで面白いと思ってくれる様にしようと思います。

 

 

◉なぜそのジャンル、マッピングにしたのですか?

 

河野 私達は作品に感情などを入れて作るのが苦手なので、視覚的に見て面白いものを作ろうと思いマッピングに挑戦してみる事にしました。

 

 

◉テーマとの関連性を教えてください

 

河野 視覚的に見てこのシーンは揺れている、このシーンは響いているとわかる映像で音楽を重視して響いている感じにしています。

 

 

◉制作途中の意気込み、制作してみてどうでしたか?

 

河野 床に映像を合わせたりするのが難しいのに加え、素材ではCGをつかっているので大変なことが多いです。2人で作っている為それぞれが気づかされることが多くお互いのいいところを出し合いながら制作しています。

 

 

 

 

京都精華大学芸術学部 映像コース

Kyoto Seika University Video & Media Arts