「Action-英雄前日譚-」

三浦遥 松村高志 大西哲平 石川心

「揺れる、響く」を動きの表現として、アニメ作品に仕上げました。爽快感のあるアクションを目指します。

制作メンバーへのインタビュー

 

◉メンバーが普段から作っている作品は?

 

三浦 普段作ってる作品は、実写映像、インスタレーションが多くて、映像以外でも触れられる作品を作ることが多いです

 

――触れられる作品っていうのはインスタレーションとかだったら立体物に触るっていうこと?

 

三浦 見る人が実際に体験できる空間を作り上げる、より映像に、作品の世界に没入できる作品を作りたいっていうのが大きいのでインスタレーションを作る機会が多いかなって

 

石川 私は絵を描くことが多いので アニメーションとかですかね、立体とかカーテンに写してみたり大きく壁一面に写してみたり、ただ写して終わりじゃない方法を探しつつやってます。趣味で絵を描くことが多いのでフリーゲームもごく稀に作ったりもします。

 

――じゃあアニメーションを使ったインスタレーションの方が総合的には多い?

 

石川 いや、ただ試みはしてるけど多さ的には普通にアニメーション作る方が多いと思います。

 

松村 僕は主に手書きのアニメーションだったり、3DCGだったりまちまちです。でもほとんどがデジタルで、アナログで描くってことはないです。後サークルで漫画の方も趣味で描いてます。

 

――デジタルの方が好きな理由は

 

松村  アナログもテクスチャとかすごくいいんですけど、デジタルの方がアニメーションとしてすぐプレビューできたり画材の統一だったりが簡単にできるしデータとして管理がしやすかったりとかっていうのがあります

 

――じゃあ便利さを求めて使っているという感じですかね?

 

松村 そうですね

 

大西 普段はなんやかんやで実写もインスタレーションも色々やってるのであれですけど授業の関係もあってなんやかんやでアニメーションが一番多いかな。

 

――アニメーションは手描きのアナログが多い?

 

大西 そうですね、デジタルはあまり使えないので結果的にアナログになりますね。

 

――インスタレーション、実写、アニメーションっていうけどけっこうなんでもつくるんですね?

 

大西 授業の関係で作ってるけど、実はインスタレーションはあまり好きではなくて、好きで作るのは実写とアニメーションかなぁ…

 

 

 

 

◉なぜ今回この四人でアニメーションを作ろうと思ったんですか?

 

三浦 えーと、まずグループ決めの時にきになる人のところに話しにいく機会があって、松村くんと大西くんが声をかけてきてくれてみんなアニメーションやっているのでそうなった

 

松村 自然発生的なかんじやったよね

 

石川 作品紹介の時みんなアニメーションやったから自然にね

 

 

 

 

◉テーマの揺れる響くについてどう思いますか?

 

三浦 私個人の考えですが、結構郷愁的というかノスタルジックなイメージがあって、感情というイメージ強いです。強い感情というよりは細やかな感じ。言葉としては好きだけど、今回の作品はあんまりノスタルジーな感じではないんだけどね(笑)

 

石川 ほぼほぼ三浦さんと一緒だけど、言葉の字面とかみてたらなんとなく懐かしさを感じる。

 

――揺れる響くという言葉に対して懐かしいっていうのは独特ですね?

 

三浦 そうかなぁ

 

石川 揺れるは懐かしい感じ、響くは…うーん響くもうん、なつかしいかな。

 感情とかが入ってくると記憶というか過去のものが入ってくるよね

 

松村 会場も決まってない中でテーマを決めなきゃいけないってなって、多種多様な意見がある中で揺れると響くが残ったっていうのは似てるけど違う、でもどっちも残したいよねっていうのが多分自分だけじゃなくてみんなにもあって、作品に絡めた話でいうとこれも個人的な話なんですけど、揺れる響くっていうのは誰が揺れて響くんだっていう、それは鑑賞者なのか自分(製作者)なのか、自分としては鑑賞者の心を揺らしたい、鑑賞者の心を響かせたいそういうことができたらなぁって考えています。

 

大西 まあ大体みんなが言った通りなんですけど、なんか完全に個人的なイメージなんですけど僕はなぜか揺れるとか響くとか聞くとナマズが浮かんで(笑)全然繋がっていかないんですけど

 

石川 一番独特(笑)

 

大西 多分ナマズの地震とかのあれなんですけど(笑)

 

 

 

 

◉作品の概要を教えてください

 

松村 タイトルはまだ決まってないっす

 

三浦 未定

 

――そっか、どんな感じのアニメーションになるんですか?アートアニメーション?それとも物語がある感じ?

 

三浦 系統的には物語のある感じ。

 

松村 結構エンターテイメント性が強い

だからみた人が終わった後にウーンって考えちゃう感じじゃなくてアァ面白かった!ってなる感じ

 

三浦 その場で完結できる

 

石川 うん、そういうことかい!ってなる

 

三浦 今回はストーリーを先に考えるんじゃなくて、個人個人でやりたいシーンを出し合ってそこから話を組み立てるっていうことをやったので誰かにメッセージ性があって伝えたいとかがあるとかじゃなくて、自分たちのやりたいことが詰まった作品になったかな、って感じです。

 

 

 

 

◉やりたいことを詰め込んだ作品ということですが、その中でどのようにしてテーマとの関連性をもたせたのですか?

 

三浦 全員でテーマとの関連性を話し合ったことはなくて、本当に自分たちがやりたかったことを出し切っているという意味で私は自分の中の制作に対する気持ちが揺れたり響いたりしてます(笑)でもそれは個々で違うのかな、うちのグループは

 

石川 キャラクターを揺らしたい、からはじまったもんな。なんか三浦さんがキャラクターの髪を揺らしたいんだ〜って

 

三浦 キャラクターの長い髪をなびかせるアニメを作りたい。っていうところから話が広がってる

 

松村 そう考えるとこの揺れる響くっていう言葉の守備範囲が広いんだなぁって思って

 

三浦 うんうん、完全に外れてるわけじゃないと思うし

 

――見えるものでも表現できるからね、みんな結構心が揺れるとか心を響かせるとか見えないものを表現しがちだし

 

三浦 エモい感じになるよね

 

石川 内面にいきがちよね

 

――じゃあこのグループはアニメーションで見たら「あぁ揺れてる!」ってなって、後に残すものなく面白かった!ってスッキリ終われるようなものを作るんだね?

 

三浦 そう、そして私たちも揺れながら作ってます(笑)

 

◉今即席で考えた質問ですが、ここは四人アニメーションを作る方がいますけどそれぞれがどんな役割なんですか?

 

三浦 一応個々の得意分野を生かして私とか大西君はアナログでその動きを書いていくことがメインになるし、たかしとかはCG背景を作ってくれるっていう彼にしかできないことを今回はやってくれますし、石川さんは色彩がいつも綺麗なので色彩担当って感じで今回はそれぞれの得意分野を生かしていくっていう感じです。

 

松村 キャラクターの色を石川さんに作ってもらってみんなで選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉制作途中の意気込み、制作してみて

 

三浦 他のグループの中では進んでるのかなぁと思うんですけど、全体の作業量が多いので進行具合はそこまで進めていなくて、これから大変になってくると思うんですけど、みんな得意なことがありつつやりたいことをやらせてもらいつつ楽しくやらせてもらっているので、宜しくお願いします(笑)

 

石川 色構成をやりたいって言ったのは、色を塗るのが好きやっていうのもあるけど周りと比べたらデッサン苦手やし、この3人と比べたら絵柄がバラバラやからとりあえず色はやりたいって言ったけど、でも絵柄がバラバラでも面白そうやしただひたすら頑張るしかないなぁと思ってます。なんかもう、気合い、根気、健康

 

松村 今日が8回目(15回の授業数のうち)で半分終わってるし、特にアニメーションは作業量が多いのでスケジュール命というか、実写とかインスタレーションは素材が少なくてもなんとか形になると思うんですけどアニメーションは最後につなぎ合わせないとなんじゃこりゃってなるのでその意味で完成が第一ですね。完成形をイメーシしてそこからスケジュールを逆算するのが大事になってくると思うのでそれがちゃんとできれば精神的な余裕もできますし

 

大西 とりあえず完成に向けて進めていくということで、もう半分も過ぎてますし完成に向けて頑張るしかないかなと。まぁまたやっていくうちに問題とかも出てくると思うんですけど、それはまた工夫して乗り越えていくという感じになっていくと思います。なるだけクオリティ高いの目指しつつ完成第一にっていうのでやっていきたいです。まあみっともない作品にだけはしたくないのでやっていくしかないです。頑張ります。

 

松村 頑張りましょう

 

石川 頑張りましょう

 

三浦 頑張りまーす…

 

――ではこれでインタビュー終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

京都精華大学芸術学部 映像コース

Kyoto Seika University Video & Media Arts